運転免許証の点数

運転免許証を持って運転をしていて違反をすると規定の点数が課せられます。
その点数が過去3年間の累積により一定の点数に達すると運転免許証の効力が停止されます。
いわゆる免停といわれるものです。
より酷い点数の累積がある場合には免許の取り消しも行われます。

また、点数の累積以外でも、重大な事故に係る行為があった場合には免停や免許取り消しといったことが行われます。

事故や違反で課される点数ですが、これは1点から25点まで幅があります。
それぞれの事故や違反の程度の応じて決められています。
では、複数の事故や違反を犯した場合にはどうなるのでしょうか。
このいった場合には高い方の点数が課されます。

2009年からは危険運転致死、麻薬等の運転といった悪質かつ危険な運転については特に、免許の欠落期間の延長といった重い処分も行われるようになりました。

点数の加算は違反を起こした日を基準に起算します。
そして過去3年間の点数が累積されます。
過去1年以上無事故・無違反の場合や2年間以上無違反の人が1点、2点といった軽微の違反を起こした後3ヶ月間無違反ですごした場合にはそれ以前の違反や事故の点数は加算されません。
また、違反者講習を受講した人も同様です。
但し、過去に免停を受けたことのある人の場合には、低い点数でも免停になる場合があります。

いずれにしても、違反や事故を起こすと後々にまで影響があります。
出来るだけ違反や事故は避けるに越したことはありません。



<Recommend Site>
運転免許情報も掲載している合宿免許の案内サイトです ... 合宿免許

Copyright © 2014 運転免許証の特徴 All Rights Reserved.